魚伝のなりたちと、瀬戸内の風情。魚伝物語

先代は、京都生まれのうまいもんが好き。

魚伝のルーツは京都、山科。先代は古都京都に生まれ、大阪で青果業を営んでおりました。元来うまいもの好きの性格で、ひょんなことから畑違いの“魚”に興味を持ち、おいしい魚を求めて全国を渡り歩きました。

おいしい魚の宝庫、小豆島。
本当においしい魚、納得できるうまい魚に巡り会ったのが、この小豆島。そこで先代は思いきって19○○年、島へと移住。島内で行商をしながら、やがて19○○年○月、魚屋「魚伝」を開業。地元で獲れた旬の魚を扱い始めました。
瀬戸内の魚を全国へ。
瀬戸内の魚たち。その鮮度と味にこだわる「魚伝」。今は先代と共に、二代目がおいしい魚を全国へとお届けしています。鮮魚はもちろん、干物、味噌漬けといった加工品まで、旬の味をたくさんご用意しています。